弦楽器 Vivace

About

美しい音  力強い音
枯れた音  みずみずしい音
落ち着きのある音  甘い音
華やかな音  輝かしい音
重厚な音

弦楽器Vivaceは
理想の音を探し求めるお客様に
最良の楽器をお届けします。

About About About About About About About About About

Introduction

  • Introduction
  • Introduction
  • Introduction
  • Introduction
  • Introduction

取扱いヴァイオリンについて

弦楽器Vivaceではオールドから新作まで
幅広くご紹介します。

オールドヴァイオリンの魅力

17、18世紀のヴァイオリンは流派による独自性や地域性が大きく影響し、f字孔やスクロール、ボディのフォルムなど各部分が個性的でアイデアに富んでいます。
時代を経て作り上げられた音色も魅力です。何百年と弾き継がれたヴァイオリンは現代にも求められる音の源泉となります。中でも、イタリア、フランス、ドイツなどの名器を得意としております。

時代とともにヨーロッパ各地で作られたヴァイオリン

19、20世紀のモダンヴァイオリンはストラド、ガルネリ型を基本としながらも作家独自のスタイルの追求がなされ、フラットボディで音量の出るヴァイオリンが各地で生まれました。ある程度の年月を経て枯れた音を持ち、安定感と立ち上がりの良さが好まれています。イタリア、フランスを中心に販売しておりますが、近年ハンガリー、チェコの憂いのある音色の楽器やイギリスの落ち着いた音色の楽器などの良品も発掘しご紹介しております。

現代にマッチしたヴァイオリン

新作ヴァイオリンは無限の可能性を秘めています。柔軟性があり、演奏ごとに変化し、弾く楽しみを得ることができます。ご紹介する楽器はコンクール受賞作家のみならず、将来性のある作家、無名の若手でも注目すべき作家は積極的にご紹介していきます。主はイタリア製ですが、近年東欧諸国や中国のお値打ちでクオリティの高いものも注目です。

毛替えサービスのご案内

弦楽器Vivaceでは
5種類の馬毛からお選びいただきます。

Aランク

◯ イタリア産

弓製作家LUCCHIが取り扱う馬毛で、無漂白で堅い毛が混じりますが音量、音色、耐久性に優れています。最初は多少粗目な感じもありますが、ソフトに弦に当たるもしっかりとした音量を引き出すので、音の表現に幅があるソリスト向きの馬毛です。

Bランク

いずれかを
お選びいただけます

◯ モンゴル産 A

草原の草を餌とする蒙古馬の馬毛で細く柔らかい性質があります。そのため音色が美しく柔らかくなります。摩擦抵抗が少ないので松脂を塗ったすぐに馴染むオールマイティな馬毛です。

◯ 日本・カナダ混

日本25〜30%、カナダ70〜75%(いずれもフランスで飼育されているペルシュロン種などの重種)。穀物を餌としているので丈夫で摩擦に強い毛といえます。最初は松脂が付きにくいこともありますがキューティクルが剥がれてくると毛芯が弾力に富んでいるので、弦に馴染んでよく反応しレスポンスの良さを実感していただけます。

◯ シベリア産

モンゴルとカナダの中間的な性質をもつ馬毛です。どちらかと言えばモンゴル産のような柔らかくしなやかな音色が魅力といえます。きめの細かい音を求める方には是非お勧めです。

Cランク

◯ モンゴル産 B

どのような場面でも音の美しさを実感できるモンゴル産の馬毛をお値打ちにお試しいただけます。馬毛が弦に触れた時の柔らかさから音を引き出すに至る感触はモンゴル産の馬毛ならではと言えるでしょう。

Contact Contact Contact

Contact

いつも弾いているご自宅やレッスン場、
コンサートホールなどで
試弾していただけるよう
ご訪問させていただいております。
まずはメールまたはお電話で
ご連絡ください。

弦楽器 Vivace

代表

岸上 勝也

Mobile

080-8263-7700
(+81-80-8263-7700)

E-mail

kishigami@vivace-strings.jp

Office

〒470-0162 愛知郡東郷町春木白土1-2119

1-2119 Shiratsuchi, Haruki, Togo-cho Aichi-gun, Aichi 470-0162 JAPAN

お問い合わせはこちら

Instagram

    View More
    Page Top