弦楽器 Vivace

News

チェロのご紹介

2019.06.25

告知
チェロのご紹介

Justin Amedee Derazey (1839-1890)
父オノーレから製作を学び、父と同じように多くの楽器を残しました。1884年にはJoseph Nicolas(Didier Nicolasの息子)の工房を受け継ぎます。最良の材料を使い、父には及ばないものの、豊かで音の柔らかな楽器を残しました。このチェロは1870年頃の30才前後に製作された才能を感じさせる楽器です。761mm
オレンジ色のニスが美しいチェロで裏板には"J.Derazey"の刻印があります。フレンチの気品ある雰囲気を持っています。

チェロのご紹介

ボディの大きさも十分あります。
フレンチのチェロでも比較的グレードの高いものと言えます。

チェロのご紹介

こちらはニュージーランド(クライストチャーチ)のディーラーラベルを持つチェロです。製作年代は1900年頃のドイツで製作された楽器と思われます。オールドの雰囲気をもつ、スタイルの整った楽器です。

チェロのご紹介

少し細めですので、女性にも持ちやすいと思います。
これからセットアップして皆様にご紹介させていただきます。

Page Top