弦楽器 Vivace

News

Violin Kurt Arno Gutter ca.1925

2020.10.13

告知
Violin Kurt Arno Gutter ca.1925

ドイツ マルクノイキルヘンのGutter ファミリーはGeorg Adam I(1705-1757) を始祖とし1700年代から続く楽器製作家の家系です。Guetterと表記する書籍もありますが、The Brompton's Book of violin and bow makers によると実に38名のGutter家の製作家名が記載されています。

Violin Kurt Arno Gutter ca.1925

Kurt Arno Gutterは1894年にマルクノイキルヘンに生まれベルリンのグレーゼルやマルクノイキルヘンのヘバラインのところで修行をし、1921年に独立します。ファミリーの中でも特に卓越した技術でバイオリンを残し、後に息子に工房を継承されます。このバイオリンは1925年くらいのバイオリンです。表板の木目は均等で詰まっており、裏板は幅広の縞模様をもつ2枚剥ぎのカエデ材で作られています。またニスは透明なオレンジレッドのアルコールニスが塗られています。

Violin Kurt Arno Gutter ca.1925

ガルネリ デル ジェスのカノン砲を意識して作られたこのバイオリンは高音は強く、芯のある音、低音は太く、安定感のある音でキメの細かい音色が特徴です。

販売価格 1,200,000円 (1,320,000円 税込み)

Page Top