弦楽器 Vivace

News

Justin Amedee Derazey workshop ca.1880 Mirecourt

2021.02.05

告知
Justin Amedee Derazey workshop ca.1880 Mirecourt

Justin Amedee Derazey (1839-1890)
父オノーレから製作を学び、父と同じように多くの楽器を残しました。1884年にはJoseph Nicolas(Didier Nicolasの息子)の工房を受け継ぎます。最良の材料を使い、父には及ばないものの、豊かで音の柔らかな楽器を残しました。

Justin Amedee Derazey workshop ca.1880 Mirecourt

デラゼイバイオリンにしばしば見られる裏板は1枚板で製作されています。J.B.Vuillaume(1798-1875)の工房の職人だった父Jean-Joseph-Honore(1794-1883)から受け継がれた気品ある作風を備えています。

Justin Amedee Derazey workshop ca.1880 Mirecourt

スクロールはフレンチバイオリンにありがちな大きすぎず均整のとれた大きさです。

Page Top