弦楽器 Vivace

News

小ぶりのチェロ

2022.01.10

告知
小ぶりのチェロ

女性や小柄なチェリストにオススメのチェロをご紹介します。
ボディ長は734mmと通常サイズより16mm、ナットから駒までの弦長は685mmで5mm短いチェロです。

小ぶりのチェロ

このチェロはイギリスのCrinson & Gohlmann工房の製作家Nigel Crinsonが2000年に製作しました。 彼はストラドやガルネリなどオールド名器を研究し再現に取り組んでいます。妻とともに製作活動と修復をしておりますが、こちらのチェロはイギリスのオールドの名工ウィリアム フォスターII世(1739-1808)をモデルとして製作されました。

小ぶりのチェロ

まだ22年しか経っていませんが、木が古いためか音はオールドチェロのような枯れた音色でカラッとした軽やかに奏でられるとともにボディに膨らみがあるので重厚さも持ち合わせております。イギリスのアンティークにある古き良き時代を想い起こす味わい深い作風です。また作者によるオリジナルのペグは大きめで角のない柔らかい形状でできております。手の小さい方や女性には少ない力でまわし易く、視覚的にも目を惹きます。

小ぶりのチェロ

製作家Crinson氏に関する地元紙が取り上げた記事があります。
ある若い有望な音楽家がヴァイオリン購入に掛かる莫大な費用負担に直面していたとき、Crinson氏は自身のガルネリモデルの楽器を貸出すと申し出、その若い音楽家が困難に直面していたとき支援をしたといった内容です。どのような楽器を持つかに寄ってその人の音楽に大きな影響を及ぼします。少しでも技術や表現の助けになればとの思いは、この製作されたチェロを通じて感じていただけることと思います。


Steven Proctor, 16, from Hartlepool, has been playing the violin since the age of eight and thanks to the support of local violinmakers and restorers, Crinson and Gohlmann, he can continue to develop as a musician.
Steven was faced with the cost of buying a new violin until Nigel Crinson offered to lend the teenager a Guameri Del Gesu model.
A violinmaker for 12 years, Mr Crinson works with his wife from a workshop in their Hartlepool home, making antique copies of Italian instruments.
He said: "With the right instrument, Steven's musical talent is shining through and will help him to develop his career as a musician. I'm more than happy to be able to help him recognise and build upon his potential and wish him every success. It is an extremely competitive industry."
A member of the National Youth Orchestra of Great Britain, Steven visits the Royal Northern College of music in Manchester every Saturday to continue his tuition.
His also played in the BBC Proms at the Royal Albert Hall during the summer.
He said: "There is only so far I could go without the use of a great instrument, but now I am able to explore the violin on a whole new level."                                 地元ニュースより



Page Top