弦楽器 Vivace

News

Italian violin Aurelio Gonzales 1934 Roma

2024.03.10

告知
Italian violin Aurelio Gonzales 1934 Roma

1908年イタリア Cittaducaleで生まれ、Aurelio Aureliの甥で弟子。その後L.Bertucci(1897-1964)に師事し1930年ローマのコンペティションでシルバーメダルを獲得します。1933年に事業をAloy Dario(メーカー、バイオリン奏者)に引き継ぎますが1949年くらいまでは個人的に楽器を作り続けました。John Dilworth

Italian violin Aurelio Gonzales 1934 Roma

表板の均等で目の詰まった材料が目を引く、ガルネリデルジェス型のバイオリンです。1934年に製作された大変状態の良いバイオリンです。バイオリンから醸し出されるシャープな感じとは反対に、エッジ付近の温かみのある仕事ぶりは美しく見とれてしまうほどです。弾き込むとまだまだ音の変わる可能性を感じさせる楽器です。

Italian violin Aurelio Gonzales 1934 Roma

音大生やこれから多くの演奏の機会のある方にオススメのバイオリンです。

ご成約

Page Top